ガンテツパイル工法協会の設立主旨と運営経過

1.協会設立の趣旨
土木分野における鋼管ソイルメント杭(ガンテツパイル)の技術の普及と、技術改善による発展を図る技術協会として設立
2.構成

会長会社 : 新日鐵住金株式会社
副会長会社 : 株式会社クボタ
理事・幹事会社 : 新日鐵住金株式会社、株式会社クボタ、株式会社テノックス
正会員 : 新日鐵住金株式会社
    株式会社クボタ
    株式会社テノックス
    株式会社塩見組
    日本コンクリート工業株式会社
    株式会社テノックス九州
事務局 : 新日鐵住金株式会社、建材開発技術部内

協会の構成




3.運営経過

平成 7 年 3 月ガンテツパイル同時埋設方式の施工法について、財団法人国土開発技術研究センターの土木技術審査証明を、3社(新日本製鐵株式会社、株式会社クボタ、株式会社テノックス)で取得
平成 9 年 4 月3社(新日本製鐵株式会社、株式会社クボタ、株式会社テノックス)にて、ガンテツパイル工法研究会を設立
平成10年 4 月株式会社塩見組の参加等、5社によりガンテツパイル工法協会を設立
平成10年10月日本コンクリート工業株式会社の参加
平成12年 3 月財団法人国土開発技術センターでの土木技術審査を更新するとともに、ガンテツパイルの後埋設方式の施工法を追加
平成13年10月財団法人鉄道総合技術研究所による支持力性状評価を取得
平成14年 3 月道路橋示方書・同解説に新工法として記載
平成18年 1 月財団法人国土技術研究センターの土木審査証明を取得
平成20年 4 月「平成20年度 推奨技術候補(新技術活用システム検討会議)」(国土交通省)選定
平成24年 1 月鉄道構造物等設計標準・同開設に新工法として記載


ページのトップへ戻る