比較設計例

1 設計条件
上部工形式5径間連続鋼Iげた橋
支間割  40m×5径間
幅員   全幅員12m
活荷重  B活荷重
橋脚下端荷重
 
横軸方向
橋軸直角方向
鉛直力(kN)
12,000
12,000
水平力 (kN)
3,300
3,600
モーメント(kN・m)
27,000
34,800


2 地盤条件

※設計上の支持層への根入れ長は1,300mm


3 検討結果

設計条件
場所打ち杭
ガンテツパイル (鋼管ソイルセメント杭工法)
許容変位量 15mm
許容変位緩和
(杭径の3.5%)
杭配置
橋軸方向
場所打ち杭
許容変位量 15mm
許容変位緩和<br>(杭径の3.5%)
(鋼管ソイルセメント杭:
杭径/鋼管径)
φ1200×12set
鉄筋SD345-D29×24本
φ1000/800×12set
SKK400-OR t18/11/9
φ1000/800×9set
SKK490-OR t16/11/9




 

()












1


方向
橋軸方向
橋軸直角方向
橋軸方向
橋軸直角方向
橋軸方向
橋軸直角方向
最大軸力
Pmax(kN)
3720
(95%)
3700
(95%)
3600
(61%)
3590
(61%)
4630
(78%)
5220
(88%)
許容押込み支持力
Ra(kN)
3910 3910 5930 5930 5929 5929
最小軸力
Pmin(kN)
-405
(16%)
-382
(15%)
-809
(31%)
-797
(31%)
-1230
(48%)
-1820
(71%)
許容引抜き支持力
Pa(kN)
-2521 -2521 -2576 -2576 -2578 -2578
最大応力度
σmax(N/mm2)
219
(73%)
257
(86%)
149
(71%)
162
(77%)
228
(82%)
253
(91%)
許容値
σa(N/mm2)
300 300 210 210 277 277
水平変位量
δ(mm)
12.0
(80%)
11.3
(75%)
14.9
(100%)
14.1
(94%)
25.8
(74%)
29.8
(85%)
許容値
δa(mm)
15 15 15 15 35 35






方向
橋軸方向
橋軸直角方向
橋軸方向
橋軸直角方向
橋軸方向
橋軸直角方向
橋軸方向:
基礎の耐力
照査結果
M=1420
(89%)
<My=1603
μ=1.15
(29%)
<4.00
M=1130
(68%)
<My=1652
μ=1.28
(32%)
<4.00
M=1540
(78%)
<My=1966
μ=1.40
(35%)
<4.00
橋軸直角方向:
応答値の照査結果
μ:応答塑性率、
θ:応答変位
(回転角)
R=4360
(51%)
<Ru=8559
θ=0.0015
(7%)
<0.02
R=4360
(44%)
<Ru=9802
θ=0.0031
(16%)
<0.02
R=5600
(48%)
<Ru=11623
θ=0.0086
(43%)
<0.02
基礎の決定要因
レベル1地震時の押込み支持力
レベル1地震時の水平変位量
レベル1地震時の応力度
コスト比較
1.00
1.07
0.83
ページのトップへ戻る