特長


優れた経済性を発揮する、鋼管ソイルセメント杭です


1.クリーンな低排土工法です。
原地盤にセメントミルクを注入し、攪拌混合して固化体を築造する工法であり、原地盤の土を有効に活用するため、排出土量を低減することが出来ます。
また、建設発生土を有効活用(路体盛土、場内敷き均し等)することにより処理費を抑えられます。


2.高支持力です。
固化体は原地盤とほぼ同等の比重のソイルセメントからなり、施工によって地盤を緩めることはありません。
固化体と鋼管は鋼管外面のリブにより強固に一体化され、場所打ち杭と同等の周面摩擦力と中掘杭の先端支持力が得られ高い支持力を発揮します。


3.高品質です。
1. 独自の施工管理システム
  独自の施工管理システムにより施工状況(施工深度、掘進速度、支持層深度など) を確認するので、信頼性が高く効率的な施工が可能です。
2.スタビライザーによる施工精度確保
  スタビライザーが鋼管を確実に固化体中央に埋設するので、長尺施工においても鋼管の芯ずれがありません。
また、固化体築造と鋼管の回転圧入を同時に行うので、高能率な施工が可能です。(TYPET同時埋設方式)

3.高品質の固化体
  共回り防止翼を装着した掘削軸攪拌装置による攪拌混合方式により高品質の固化体(ソイルセメント柱)が築造できます。


4.短工期です。
ソイルセメント柱体の築造と外面突起付き鋼管の圧入を同時(一工程又は二工程)に行うことにより、従来工法に比べて基礎フーチング当りの杭基礎工事の工期短縮が可能となります。


施工管理システム


ページのトップへ戻る