施工方法


ガンテツパイルの施工手順 【TYPET】
鋼管ソイルセメント杭(同時埋設方式)

1.口元管セット
杭芯位置に杭施工機械あるいはアースドリル機などで、口元管をセットします。

2.杭芯セット
施工機に攪拌ヘッド、スタビライザー付きロッドおよび鋼管をセットし杭芯を合わせます。

3.固化体築造・鋼管埋設
掘削攪拌ヘッド先端よりセメントミルクを吐出しながら、ソイルセメントの築造と同時に鋼管を回転埋設します。

4.杭先端部築造
杭先端部築造深度に達したら、高濃度のセメントミルクを注入します。
その際、吐出量と掘進速度をコントロールしながら、所定深度まで掘進混合攪拌します。

5.鋼管定着
杭先端部の掘進混合攪拌が終了したら、攪拌ヘッドを縮閉し、鋼管を所定の深度に定着させます。また、鋼管が落下しないように、鋼管を保持します。

6.攪拌ヘッド引抜き
下端部ではセメントミルクを吐出し、ロッド・攪拌ヘッドを回転させながら、引き抜き、回収します。

7.施工完了
セットした口元管を引き抜きます。


TYPE1
注) 口元管は、杭施工精度を向上させる目的で設置し、ガイドローラーにより口元管中央に鋼管が埋設されます。




ガンテツパイルの施工手順 【TYPEU】 
鋼管ソイルセメント杭(後埋設方式)
1.口元管セット
杭芯位置に杭施工機械あるいはアースドリル機などで、口元管をセットします。

2.杭芯セット
口元管内にTYPET(同時埋設方式)と同様の共回り防止翼を有する掘削攪拌ヘッドを杭芯にセットします。

3.固化体築造
掘削攪拌ヘッド先端部よりセメントミルクを吐出しながら原地盤と混合攪拌し、固化体(ソイルセメント)を築造します。

4.杭先端部築造
杭先端部築造深度に達したら、高濃度のセメントミルクを注入します。
その際、吐出量と掘進速度をコントロールしながら、所定深度まで掘進混合攪拌します。

5.ロッド・ヘッド引抜き          
下端部ではセメントミルクを吐出し、ロッド・ヘッドを回転させながら、引き抜き、回収します。
         
6.鋼管建込み埋設                     
鋼管は水平精度と鉛直精度を確認しながら建て込み、施工状況により鋼管自重または回転圧入により所定の深度に定着させます。
また、鋼管が落下しないように、鋼管を保持します。                      
7.施工完了                     
セットした口元管を引き抜きます。
          
注) 口元管は、杭施工精度を向上させる目的で設置し、ガイドローラーにより口元管中央に鋼管が埋設されます。

 
ページのトップへ戻る