支持力機構


1. 鉛直支持力
鋼管外面突起と鋼管内面リング筋により、鋼管と固化体が一体挙動するため高い支持力を発現。

鋼管杭頭部に作用する鉛直荷重は、鋼管外面の突起により固化体へ伝達され、次いで固化体の外面から地盤へ摩擦力により伝えられます。

更に、
鋼管と固化体が鋼管外面の突起と内面リング筋により一体として挙動することにより、 固化体外面の摩擦力および先端部の圧縮力により 地盤に伝えられます。

2. 水平支持力
水平荷重は、固化体より地盤へ伝えられます。

3. 曲げ
地震時にも鋼管が高いじん性を発揮します。


ページのトップへ戻る