環境にやさしい施工法

▼残土の有効利用時の適用フロー

残土の有効利用時の適用フロー

■建設発生土削減に貢献

ガンテツパイルは、原位置土を有効に利用し固化体を構築するため、掘削を要する従来工法に比べ建設発生土が少なくなります。

◀ほぐされた状態の発生土

ガンテツパイル施工時に発生する残土の性状は泥状を呈していますがセメント改良土であるため、時間経過に伴い硬化し、数日の養生後バックホウでほぐす(一時処理)ことにより土砂状となります。

発生土の有効利用提案

ガンテツパイルの施工による建設発生土は、セメント安定処理土です。
路体、路床、路盤材料もしくは盛土、埋め戻し土、敷き均し土などに有効利用できます。
なお、ご利用にあたっては、適用先に応じて、室内配合試験や現場発生土の圧縮強度試験、CBR 試験などによりその性状をご確認いただいております。

■低騒音・低振動で施工可能

市街地などの騒音・振動の規制が厳しいところでも、周辺環境に配慮した施工が可能です。

PageTop
Page Top